野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

クラリダ副議長も同じことを。NY連銀は総裁発言を否定したが

クラリダ副議長=増大するリスクへの保険として、国内景気刺激へ早期に動く必要がある可能性に言及した。 事態が相当悪化して劇的な形で利下げに踏み切らざるを得ない時点まで待つ必要はない。 国内景気は良好だが、不透明感が増したと指摘。指標はまちまちだが、インフレ指標が軟調で世界の指標は失望を誘う内容との見方も示した。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン