野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

「IMFやS&Pは成長見通しを下方修正、焦点は2Q・GDP」メキシコペソレポート

VAMOS MEXICO(メキシコペソレポート)JUL26、2019

詳細は外為どっとコム社のサイトで
「IMFやS&Pは成長見通しを下方修正、焦点は2Q・GDP」

総括                                            

予想レンジ 5.4-5.9

(ポイント) 

*ペソは強い。株価は強い
*IMFやS&Pは成長見通しを下方修正
*大統領は成長率見通しに強気
*次の焦点はGDP(7月31日)
*インフレ落ち着く
*小売売上は改善
*利下げ観測が出始めている
*ペメックスの格下げ問題がある
*大統領の支持率は低下
*5月鉱工業生産は悪化
*評価の高かった財務相が内部対立で辞任
*前回の政策金利は据え置かれた。1委員が利下げ要求
*今後の焦点は弱い成長と財政問題となる
*米国の対メキシコ関税賦課は無期限延期された
*メキシコ政府は対米緊張もあり中国へ接近している
*ペメックスが新油田開発
.*米墨貿易は米からの輸出も2430億ドルあり、報復関税合戦では米国にも痛手
*S&Pはペメックスを格下げ、国の格付け見通しを引き下げ
*メキシコの対米黒字は世界3位

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン