野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

FOMCは利上げすべきという人もいる

米資産運用会社グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード最高投資責任者は、FOMCでは利下げではなく、景気の過熱を防ぐために利上げを決定すべきだとの見解を示した。   ブルームバーグ


  マイナード氏は、「ほぼ全ての基準から考えて、近づく生産の制約に伴う景気過熱の可能性に備え、政策担当者は追加利上げを検討する必要がある。しかしそれどころか、減速の可能性を回避する予防的対応を行う必要性に議論が集中している」と指摘した。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン