野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

さあFOMC

今回のFOMCは政策金利は据え置かれる見通しだが、早期の利下げ期待にどう応えるかが焦点となる。

利下げの可能性やタイミングを推し量るうえで、声明や参加者の政策金利見通し、パウエル議長の会見内容が注目される。

 パウエル議長は「貿易協議の米経済への影響を注視し、景気拡大の維持のため適切な行動をとる」と述べている。

ドットチャートでは3月に公表した見通しでは、年内の利下げを予想する参加者はゼロ。今回は17人のうち数人が利下げ予想に転じるとの見方が多い。

 

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

無限大キャッシュバックキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン