野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

イタリアは元々「ユーロ圏加盟」時に問題があった。英国も

イタリアは加盟直前では加盟条件のGDP3%以下の財政赤字の基準を達成には程遠い6.6%(96年度)であった。

 しかし財務操作することで条件突破し合格した

財務操作とは「一時的な増税=欧州税」を行い、その後所得控除や国営企業の民営化債券で国民に返還することであった

もちろん実質債務が改善したわけでもなく 債務問題は現在も残り欧州委員会から追及されている

(英国もイタリアも通貨ユーロの前身のEMS通貨制度でも通貨安を支えられなかった。現在EUを離脱する英国は通貨ユーロにも参加しなかったのは賢明であった)

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン