野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

「外部要因とエスコム社救済で戻す」喜望峰(南アフリカレポート)ポイント

喜望峰(南アフリカレポートJun24、2019)
「外部要因とエスコム社救済で戻す」

「予想レンジ 南アランド円 7.2-7.8」

総括                                            

(ポイント)

*政府のエスコム社救済策は市場に好感された
*大統領施政演説は具体策がないと指摘されている
*5月CPIは4.5%でインフレターゲットの中間であった
*大統領に汚職調査が入っている
*低成長と財政赤字の問題を抱えている
*ムーディーズが格下げすればジャンク債となる
*4月製造業生産や小売売上は強かった
*中銀の責務について論争がある
*1Q・GDPはマイナス成長
*1Q貿易黒字縮小、経常赤字拡大
*5月PMIも悪化
*1Q雇用は悪化
*自動車の輸出は好調も国内販売は不振
*パラジウムが史上最高値を更新後、急落
*中銀はランドの平均的な水準を1ドル14.5としている(現在14.83)

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン