野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

豪ドルは予想通り 伸び悩み

*豪ドル「通貨8位、株価8位、予想外の与党勝利。米中貿易戦争の影響あり」5月20日付け

 総選挙は事前の予想を覆し下院(定数151)で中道右派の与党・保守連合(自由党、国民党)が激戦の末、野党・労働党に勝利し、政権を維持する見通しとなった。6年ぶりの政権交代の可能性も取りざたされたが、経済や政治の安定を望む国民は与党の続投を選択した。
 保守連合を率いるモリソン首相は、「私は常に奇跡を信じてきた。5年半前に政権交代して以来、我々は国のために働いてきた。今夜の勝利は我々のように日々働いてきた皆さんのためにある」と述べ、勝利を祝った。モリソン首相は選挙戦で「強い経済」を前面に押し出し、新規雇用の創出などを公約した。豪経済は都市部で住宅価格が下落傾向にあるなど懸念はあるものの安定しており、現状維持を望む人が多かった。ただ他国と異なり与野党の政策が似通っていることもあり野党が勝利しても大きな政策変更はなかったと思われる。
 最近の豪ドルの下落は選挙見通しによるものではなく、米中貿易戦争やインフレ低下による利下げ見通しであった。選挙直後の週明けの豪ドル買いも長続きはしないだろう。
また豪のファンダメンタルズや財政はしっかりしている。 

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン