野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

望んでいるといったら大変、でも為替・原油・株の想定はやっておきたい

トランプ米大統領、対イラン戦争を「望まず」


 ロイター
トランプ米大統領は16日、イランとの戦争は望んでいないとの考えを示した。 米国がイランとの戦争に向かっているかと記者団から質問されたトランプ大統領は「望んでいない」と応じた。 米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は、15日朝にホワイトハウスがイランとの緊張激化に関する説明を行った際、トランプ大統領がシャナハン国防長官代行に、イランとの戦争突入を望まない考えを伝えたと、政権当局者らの話を引用して報じた。

米・イラン間の緊張が高まる中、米国務省はイラン政府が支援する勢力からの脅威を念頭に、イラクに駐在する一部政府職員に退避命令を出した。 週末には、サウジアラビアの石油タンカーがアラブ首長国連邦(UAE)沖で攻撃を受け、イランが実行した可能性があるとみられている。[nL4N22P487] ペロシ米下院議長はこの日、トランプ大統領がイランとの軍事衝突を望んでいないことを歓迎すると述べた。 トランプ大統領は同日、ホワイトハウスでスイスのマウラー大統領と会談。スイスは歴史的に、米・イラン外交関係の仲介役を務めている。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン