野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

中国が「絶対譲歩しない3つの争点」とは

米国が中国からの輸入品2千億ドル分に対する追加関税率を引き上げたことを受け、中国は12日までに貿易協議で「決して譲らない」とする三つの争点を明確にした。国家主権が侵されかねないと受け止めており、米国に屈しない姿勢を強調した。

 米国は13日、輸入品約3千億ドル分が対象のさらなる追加関税措置の手続きを公表する。中国は景気刺激策で経済を下支えしながら、米国との協議を続ける構えだ。 9、10日の米国との貿易協議を終えた中国の劉鶴副首相は、譲れない点として、追加関税は全て撤廃すべきなどの三点を主張した。

1 「米国が中国製品に上乗せしている関税の扱い」

交渉が決着した際にはすべての関税が撤廃されなければならないと主張

2 「米国の貿易赤字削減に向けて中国が行う輸入拡大の規模」

去年12月にアルゼンチンで行われた習近平国家主席とトランプ大統領との首脳会談で共通認識を得ており、それを変更すべきでない

3  「双方が目指している合意文書の書きぶり」

交渉の中で、中国の主権が侵害されかねない文言が盛り込まれる可能性があることを念頭に「国家の尊厳が守られるようバランスを取るべきだ」と主張。

(共同 NHK)


FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン