野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

なぜインフレ目標を引き下げて負けを認めないのか

ドラギ総裁は、同中銀が設定するインフレ目標の正当性を主張した。賃金上昇圧力を目にしているとも述べ、ECBが責務を果たす上でそれが追い風になるとの認識を示した。 ブルームバーグ

  ドラギ総裁はフランクフルトで学生に向け、「2%弱というインフレ目標は長らく達成されていない。なぜECBはインフレ目標を引き下げて負けを認めないのか」といった声が聞かれていると指摘。「われわれは負けたと認めない。だからこそ、インフレ目標を引き下げない」と続けた。


  ECBが採用した異例の金融緩和は1000万人以上の雇用を生み出し、賃金を押し上げていると評価し、最終的には物価に波及するだろうとの認識を示した。

  ドラギ総裁は10月末で任期満了を迎える。学生からその後の人生計画について質問が投げかけられたが、「計画だとかそういったものは全くない」と回答した。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン