野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

ただフィッチは警告

フィッチ・レーティングス幹部は、経済再均衡化や安定化に向け必要とされる当局の動きが再選挙決定で妨げられるリスクを警告する。 トルコの格付けは「BB」、見通し「ネガティブ」だが、景気や為替変動を踏まえ、より脆弱な状況となれば引き下げの可能性があると説明した。 YSKの動きに海外から反応も出ている。ドイツのマース外相は不透明で理解できないとし、民主主義の基本原則や透明性が最も重要と指摘した。

ロイター

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン