野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

報告1年遅れ、ボーイング

時事

ボーイングは5日、墜落事故が相次いだ新型旅客機「737MAX」について、飛行データの不一致を知らせる警報システムが標準搭載となっていないことを1年以上にわたり米連邦航空局(FAA)に報告していなかったと明らかにした。航空機の安全性や運航に影響はないと判断したという。
 警報システムは、機体の角度を計測する二つのセンサーの数値が大幅に異なる場合に作動し、パイロットに注意を促すもの。新型機では追加料金が必要となり、事故機にはいずれも搭載されていなかった。2件の事故では、センサーの不具合が墜落の誘因になった可能性が指摘されている。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン