野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

米企業利益が「リセッション」入りの恐れ 

米企業利益が「リセッション」入りの恐れ 

 ロイター
米企業の利益見通しがここ数カ月で急速に悪化しており、米国経済よりも先に企業利益がリセッションに陥る恐れが生じている。 リフィニティブのIBESデータによると、S&P総合500種株価指数を構成する企業は、第1・四半期の1株当たり利益のアナリスト予想平均がマイナス0.3%で、減益となる見通し。 昨年10月時点では8.2%の増益が予想されていた。直近の予想通りなら、3年ぶりの減益となる。 第2─4・四半期については増益が予想されているため、2期連続の減益という定義上のリセッションは今のところ避けられる見通し。しかし予想される増益率はわずかで、ぎりぎりの水準だ。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

50万口座突破スプレッド縮小キャンペーン

ホットなFX!冬のほこほこキャンペーン

歳末!外為大感謝祭キャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン