野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

トルコの外交  対米、対仏、対サウジ

TRTより  中国のウイグル人問題には触れていない

++++++++++++++++++++++
エルドアン大統領は、民放チャンネルの共同放送で、時事問題における進展について見解を述べた。

エルドアン大統領は発表で、2016年7月15日のクーデター企て未遂事件の犯人であるフェトの首謀者(フェトフッラー・ギュレン)がアメリカで保護されていることに抗議した。

「我が国でフェトに関する決定がこれほど行われてきたというのに。我々はフェトに関して85のファイルをアメリカに送付した。証拠は明らかだ」と話したエルドアン大統領は、

「アメリカは(ギュレンを)追放するだけでいい。ギュレンを送還し、友好を見せてもらおう。この問題が、トルコとアメリカの間の緊張を高めている」と述べた。

エルドアン大統領は、アメリカのドナルド・トランプ大統領が「24時間以内にシリア問題に関する発表を行う」と明らかにしたのは、テロ組織DEASHに関するものである可能性があると注意を促した。

エルドアン大統領は、

「トランプ大統領は、DEASHに勝利したと言うだろう。勝利宣言である可能性がある。そもそもシリアにはDEASHの残党しかいない」と語った。

1915年に起きた事件をめぐってトルコを中傷したフランスのエマニュエル・マクロン大統領にも厳しく抗議したエルドアン大統領は、フランスが行った虐殺を1つ1つ列挙した。

マクロン大統領に対し「歴史を学べ」と述べたエルドアン大統領は、

「マクロン大統領に、(マクロン大統領は)政治の新参者であり、そのことを知るよう言った。今、私が歴史の教訓を教える。まずはこのことをちゃんとせよ。我々の歴史には虐殺はない。まずこの事件の歴史を知れ。アルメニア人は我が国で一度も虐殺の対象になったことがないと同時に、現在10万人のアルメニア系トルコ国民がいる」と話した。

エルドアン大統領は、サウジアラビアのジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏殺害に関しても、改めて国際捜査を呼びかけた。

新たな証拠があると指摘したエルドアン大統領は、

「我々は持っている文書のすべてを提示してはいない。(殺人犯は)『私は上手に切ることができる』と言っている。その後、この人物が法医学者であることがわかる。今、そのすべてが明確にされている中で、何を隠そうというのか。この槍は袋には入らない」と話した。

(2019年2月16日)

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン