野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

新興国の株・債券  ハイイールド債

ロイター

米バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BAML)が8日公表した週間調査によると、2月6日までの週は、新興国の株・債券に過去最大の資金が流入した。 債券には2018年5月以来、最大となる111億ドルが流入。株式にも43億ドルが流入した。貴金属からは4億ドル流出し、9週間ぶりの資金流出となった。


ハイイールド債には48億ドル、新興国債券には44億ドルがそれぞれ流入。流入額は3年ぶりの高水準となった。 ここ数カ月、米利上げペース鈍化観測からドルが売られ、新興国の株・債券に投資家が戻ってきている。

リスク選好度を測る「ブル・ベア指標」は4.4に上昇し、2018年5月以来の高水準となった。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



通貨ペア別キャッシュバックキャンペーン

食べて美味しい保存食キャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン