野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

オンラインのチャットルームでカルテル

ブルームバーグ

ユーロ圏のソブリン債の購入や取引においてトレーダーらが共謀した疑いがあるとして、欧州連合(EU)が8行を対象にカルテルの調査を進めている。EUは昨年12月、複数の銀行に対し、ソブリン債などの取引を巡り競争法違反の可能性を警告する異議告知書を送付していた。

  EUの行政執行機関である欧州委員会は、ユーロ圏の政府が2007年から12年に発行したソブリン債の取引に関して、「競争をゆがめることを目的とした共謀スキーム」を調査していると説明。調査対象となっている銀行名は明らかにしていない。


  欧州委は電子メールで、これら銀行のトレーダーらは主にオンラインのチャットルームを通じて、「企業の機密情報を交換し、トレーディング戦略に関して協調した」と発表した。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン