野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

日本のGDPは

14日に発表される去年10月から12月までのGDP=国内総生産は、夏に相次いだ自然災害で落ち込んだ個人消費や企業の設備投資が持ち直し、2期ぶりのプラス成長になるという予測を民間の主な調査会社がまとめました。

民間の調査会社など10社の予測によりますと、去年10月から12月までのGDPの伸び率は、物価の変動を除いた実質で前の3か月と比べて、プラス0.1%からプラス0.9%となっています。

これが1年間続いた場合の「年率」に換算しますと、プラス0.3%からプラス3.5%となり、10社すべてが2期ぶりのプラスを見込んでいます。

要因について各社は、豪雨や台風、それに北海道での地震など夏に相次いだ自然災害で落ち込んでいた個人消費や企業の設備投資が持ち直した、などと分析しています。

一方で、同じく災害の影響で減少した「輸出」については、中国経済の減速などを背景に回復の動きが弱いという見方が目立ち、日本の景気の現状は「踊り場」や「足踏み」に近い状態になっているという指摘も出ています。 NHK

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

選べる!3大特典 外為フェスタキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン