野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

米財政赤字 憲法上の責務に対する注意を怠り失敗している

米財務省の四半期入札規模、長期債が過去最高の840億ドル
「憲法上の責務に対する注意を怠り失敗している」-スタバのシュルツ氏(大統領候補?)

米財務省は過去最大規模の国債発行計画を発表した。民主党はトランプ大統領主導で導入した減税の有用性を疑問視しており、トランプ氏の再選がかかる2020年大統領選での民主党の候補者に一段の攻撃材料を与えることになる。

  減税や歳出拡大、人口高齢化を主因に、連邦財政赤字は膨張する見通し。これを背景に、財務省はクオータリーリファンディング(四半期定例入札)での長期債の発行額を840億ドル(約9兆2000億円)に引き上げた。財務省が30日発表した。これは3カ月前の水準を10億ドル上回る。こうした高水準の借り入れは拡大しつつある財政赤字の穴埋めになる。ウォール街のストラテジストは、国債の新規発行が2年連続で1兆ドルを上回ると予想している。 ブルームバーグ




FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン