野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

日本の輸出が心配

「日本の輸出が心配」

*日本はこれまで不況になると輸出ドライブをかけて乗り切っていた(但し円高となる)

*今後もそうなると思ったがちょっと様子が違う

バルチック 製造業PMI

①名古屋税関が発表した12月の管内貿易概況(速報)で、輸出額が23カ月ぶりに前年同月を下回った。金額は2.3%減の1兆7081億円。ハイブリッド車(HV)が不振の米国向けを中心に、自動車輸出が落ち込んだ。

 輸出額が減少に転じたのは17年1月以来。自動車が10.4%減の4835億円となったことが響いた。自動車の地域別では、全体の4割前後を占める米国向けが21.3%減と大きく減少。中国を含むアジアも18.1%減の391億円だった。いずれもHVの落ち込みが影響したという。一方、12月の輸入額は8.1%増の8996億円。原油や液化天然ガスの輸入額が増えたという。朝日新聞

 
②1月製造業PMIは50.0で、前月から2.6ポイント低下した。16年8月以来、およそ2年半ぶりの低水準に落ち込んだ。輸出向け受注は2カ月連続で40台となり、減速傾向が強まった

③米中両国が貿易戦争で互いに制裁関税を発動した昨年半ば以降、鉄鉱石や石炭などを運ぶばら積み船の運賃が急落している。 同運賃の国際指標であるバルチック海運指数>は、昨年半ば以降47%急落。


④日立の英国原発建設凍結のかかわる3000億円の損失計上、日本電産の米中貿易戦争による業績下方修正、千代田化工建設の金融支援など少し悪いニュースも出ている。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン