野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

米国とトルコの関係が改善か

読売

米ホワイトハウスは14日、トランプ大統領がトルコのエルドアン大統領と電話会談し、シリアからの米軍撤退で必要となる両国の協力体制について協議したと発表した。トランプ氏はトルコに対し、米軍が支援してきたシリアの少数派クルド人武装勢力を攻撃しないよう要請した。


 トランプ氏は14日のツイッターで、20マイル(約32キロ・メートル)の安全地帯をシリアに設けることをエルドアン氏に提案したと明らかにした。さらに、「大きな可能性を持つ米トルコ間の経済発展についても話した」と説明した。

 トランプ氏は13日のツイッターでは、「トルコがクルド人勢力を攻撃したら、経済的に破滅させる」と警告していたが、姿勢を一変させた。クルド人勢力をテロ組織とみなし、掃討の構えを見せてきたエルドアン氏が、何らかの譲歩を示した可能性がある。トランプ氏も、米軍撤退を巡る混乱をトルコの協力で回避したい考えのため、決定的な決裂を避ける方策を探ったとみられる。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン