野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

アノマリー、アノマリーというほど金融市場に歴史はない

*干支から「巨人が買ったらドル高」まで様々なアノマリーがある
*去年の株は「戌笑う」で上昇と言われたが12%下落した
*アノマリーを適用できるほど金融市場の歴史は長くない。特に変動相場となってからの為替市場の歴史は短い
*ただナカネや夏の円高、晩秋の円安などは「アノマリー」というより商慣習による需給の偏りである。これも商慣習が変わるほどの
時代の変化や新規参入者があれば絶対ではない

*常に明鏡止水、老いても新鮮さを持って立ち向かいたい

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン