野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

米国がNATO離脱か(オタン離脱)

米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は14日、トランプ米大統領が昨年、北大西洋条約機構(NATO)から離脱する意向を複数回にわたって周囲に示したと報じた。


 ニューヨーク・タイムズによると、トランプ氏は昨年7月、ブリュッセルで開かれたNATO首脳会議でも離脱を示唆し、マティス国防長官(当時)らが説得にあたった。NATO加盟国による国防費負担が低く、米国が付け込まれているとの不満が背景にあったとされる。

 首脳会議では、加盟国が国防費負担の引き上げに応じ、トランプ氏は最終的に矛を収めた。ただ、今後も引き上げが順調に進まなければ、トランプ氏は再びNATOの離脱論に傾く恐れがある。欧州各国の外交官には、同盟の重要性を説いたマティス氏が政権を去ったことに懸念が広がっているという。

(米国はNATOのオトンのような存在だが オトンがオタンを離脱か)

フランス語ではNATOではなく OTANと呼びます

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

選べる!3大特典 外為フェスタキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン