野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

格付け会社とディーラーの仕事は異質なものです トルコやギリシャの件

今年の8月にトルコリラが20円から15円に暴落した時は世界の格付け会社が一斉に格下げを行いました
その後 リラは21円まで戻しました。昨日漸く日本のJCRがクレジットモニターを解除して格付けを上方修正しました

ギリシャの時も金利が35%、ユーロ円が100円割れで格付け会社が一斉に最低最悪の格付けに引き下げました
 ただそこを底にしてユーロは140円へ上昇しました
(金利も35%から10%台へ低下)

*格付け会社はディーラーと違って正確さを欠いてはいけない仕事です。十分に時間をかけて分析して判断を下します
格付けが出るときは、当該国ももちろん状況を分析して対策を打ち出している頃です
 逆にそれ以上事態は悪化しないことが多いかと思います。悪い状況でも不透明感はなくなり再建へ向かう頃でしょう
だから私は結構手を出します、人には逆張りと言われますが自分にとっては順張りです

(今夕のブログもお時間があればお読みください)


FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン