野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

機械的に利上げしていいのだろう

米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は、米株式市場の下落が長引き、リスクが積み上がれば、米経済に対する重しとなるとの見解を示した。ただ現時点ではリセッション(景気後退)の兆しは出ていないとした。

同総裁は、主要株価指数が約1カ月にわたり大きく下落しているものの、連邦準備理事会(FRB)が緩やかに利上げを継続していくとの自身の見通しを変えるに至っていないとし、各種データは米経済が力強いことを示していると述べた。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン