野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

ブレグジット現況

先週後半にEUの英EU離脱交渉担当者が、合意が「非常に近い」と各国外交担当者に述べたことでポンドは上昇した。英とEUは、10月17-18日と11月17-18日のEI首脳会議に間に合うよう、離脱とその後の関係に関する合意を目指している。 また欧州委員会のユンケル委員長も、離脱交渉の合意に全力を尽くすとし、11月までに合意できるよう望むと述べた。

 また別の外交筋は、EUが英国に提案する自由貿易協定(FTA)は、過去の例より深く踏み込んだ内容になる見通し。ただ、メイ英首相が求める「摩擦のない貿易」は拒否する。英国との将来の関係に対するEU側の提案には、メイ首相が求めた内容の「およそ3割から4割」が盛り込まれる。バルニエEU主席交渉官が5日に加盟国大使らに提案の概要を伝え、10日に正式に提示する予定だという。この提案はメイ首相の要求を満たしておらず、英議会での承認プロセスが難航する可能性がある。欧州単一市場の統合を脅かすことになるため貿易で一定の摩擦は避けられないが、「可能な限り摩擦をなくした」合意だとメイ首相が国内でアピールするのは可能だろうと語った。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン