野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

閉鎖する米国ヘッジファンド

ロイター
- ヘッジファンドのハイフィールズ・キャピタル・マネジメント(運用資産約120億ドル)は3日、閉鎖する方針を明らかにした。運用成績の低迷が背景。

同社はハーバード大学など、著名顧客の資産を20年にわたって運用してきたが、創業者のジョナサン・ジェイコブソン氏は変化が必要だと表明。同社をファミリーオフィス(富裕層一族の資産を管理する会社)に転換する方針を示した。

同氏は「ここ数年」の運用成績が、期待に届かなかったことを認めた。

今年の運用成績はマイナス1%強。昨年の運用成績も小幅なプラスにとどまった。長期的には、1998年の設立以降、手数料を除くベースで年間平均プラス10.2%の実績を残した。同期間のS&P総合500種指数の上昇率は7.4%だった。

同社は顧客に約100億ドルを返還する。ポジションの解消は、資産の投げ売りを避けるため、短期的な期日を設けず「様子を見ながら系統的」に行う予定。ヘッジファンド業界は運用成績が伸び悩み、顧客から高い手数料に対する批判も出ている。ここ数カ月では最大級のヘッジファンド閉鎖の1つとなる。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

50万口座突破スプレッド縮小キャンペーン

ホットなFX!冬のほこほこキャンペーン

歳末!外為大感謝祭キャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン