野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

中国はトランプ大統領に妥協しそうもない(トランプは短期、短気)

ロイター

中国共産党の機関誌「求是」

*米国との貿易摩擦でも中国の経済発展の基礎的条件は変わらないことを認識する必要がある。特に、中国の経済構造はここ数年で大幅に改善したため、外的ショックへの耐性が実質的に強まった

*中国は核心的技術の研究・開発を 加速し、産業構造を最適化、市場の多様化を推進、内需による支援を高めることで「悪い状況を良い状況に変える」

*中国のマクロ経済運営は悪影響に対抗する「政策上の十分な余地」があるとし、財政政策が「内需拡大や再編においてより大きな役割」を果たす可能性がある

*米中経済・貿易摩擦は時間の経過とともに、中国にとって好ましい方向に展開することになる

(仲良くやれば米中のみならず 世界中がもっと良くなっているが。家具屋さんの件でもわかるように喧嘩はよくない。と、喧嘩好きの私が言う。ある亡き著名経済評論家は「買うは顰蹙、売るは喧嘩」と言っていた)

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



通貨ペア別キャッシュバックキャンペーン

手間いらずで美味しい!外為グルメキャンペーン

スプレッドタイムセールキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン