野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

ギリシャよくやった 感動した(とりあえず)苦節10年 近所のトルコは イタリアは

ギリシャ金融支援が終了へ 自力の財政再建が課題に

2009年からの数年間、ヨーロッパに広がった信用不安の発端となったギリシャに対する金融支援が20日、終了します。しかし、ギリシャが抱える債務は依然、巨額にのぼり、いかに構造改革を進め、財政を自力で再建していくかが課題となっています。

ギリシャは2009年に巨額の債務が発覚して、翌年からEU=ヨーロッパ連合などから厳しい財政緊縮策と引き換えに、8年にわたっておよそ3000億ユーロ、日本円で38兆円規模の金融支援を受けてきました。

この支援が20日で終了し、ギリシャは今後、自力で財政の再建を目指すことになります。

ギリシャ政府は、これによって「財政の主権を取り戻す」と強調しています。

しかし、ギリシャが抱える債務は、なお、GDP=国内総生産の180%近い規模にのぼるため今後も緊縮策や構造改革の取り組みが欠かせず、EUなどが監視を続けることになっています。

首都アテネの市民からは「ギリシャ経済はこれから成長する」と経済の好転を期待する声が上がる一方、「今後も厳しい生活が続くことに変わりはない」という慎重な意見が聞かれました。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



スプレッド縮小キャンペーン

ホットなFX!冬のほこほこキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン