野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

出産奨励策

中国で人口の増加を抑制するために行われてきた産児制限が廃止されるという見方が強まっている。急速な少子高齢化による国力の低下が懸念されているからだ。経済的な見返りを伴う「出産奨励策」も検討されている。ただ、抜本的な対策となるかどうかは不透明だ。
 中国では1979年から1組の夫婦に1人の子供しか認めない「一人っ子政策」が取られてきたが、少子化時代に入り、2016年から2人まで産める「二人っ子政策」に転換した。しかし、国家統計局によると16年の出生数は1786万人で前年を上回ったものの、17年は1723万人に減少。早くも「二人っ子政策」の効果は薄れている。 時事
 

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン