野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

メキシコペソ通貨首位の要因

「メキシコペソ通貨首位の要因」

*メキシコ大統領選挙前は最大有力候補の左派ロペスオブラドール候補が反米政策を打ち出し、米トランプ政権は国境問題、NAFTAで強硬策を打ち出し、米墨関係が悪化ペソは下落していたが、選挙直前にはロペスオブラドールが国内主要企業との会談で歩みより、対米強硬策を和らげペソが上昇し始めた。

*その後トランプ大統領が電話で大統領当選の祝意を告げ、またNAFTA再交渉も示唆したことで、さらにペソが上昇し再び年初来最強通貨の地位を奪還した。


*また6月CPIの上昇で8月利上げ観測が出てきたこともペソを支えた。


*新大統領が燃料輸入ゼロを宣言


*今年は海外のメキシコ人からの国内送金が急増

*通貨が下落した時は介入実行


*NAFTAでメキシコは為替操作防止条項をNAFTAに取り入れることを容認

*米中関係が悪化すればNAFTAを重視せざるを得ない

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン