野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

トルコ選挙、エルドアン大統領とAKPが優勢

*6月24日のトルコ大統領・議会選で、エルドアン大統領の勢力は第1回投票で過半数に届かないが、2週間後の第2回投票では過半数を確保する見通しだ。世論調査会社SONARが5日発表した調査結果で明らかになった。

エルドアン氏は第1回投票の得票率が48.3%と、最大野党、共和人民党(CHP)の候補であるインジェ議員の31.4%を上回る見通し。 第2回投票では回答者の53%以上がエルドアン氏に投票するとしている。

議会選ではエルドアン氏の公正発展党(AKP)の得票率が42.2%、連携相手の民族主義者行動党(MHP)が7.1%となる見通し。CHPは39.5%。

クルド系有力野党の国民民主主義党(HDP)は10%で、制度上、議席を確保できる最低ラインぎりぎりとなった。HDPはどの政党とも連携していないため、得票率が10%に届かなければ、当該選挙区で得票率2位の政党がHDPの獲得議席を得ることになっている。その場合、クルド系地域などで強いAKPが恩恵を受ける可能性が高い。  ロイター

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

お友達ご紹介キャンペーン