野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

ティラーソン長官はアフリカで倒れたとか、中国を批判したり先週していた


*今 帰宅したが、ティラーソン氏のことは驚いた

以下のような情報が出ていたので、昨日の喜望峰に書いていた

ティラーソン米国務長官は、アフリカ各国が中国から融資を受ける際に統治権を手放さないように気をつけるべきだと警告した。

 ティラーソン氏は初めてのアフリカ歴訪で、安全保障の協力関係を強化する狙いだ。アフリカ各国は年々、支援や貿易において中国に傾きつつある。 ティラーソン氏は「米国は中国の資金がアフリカに流入することを防ごうとしているわけではない」と発言。「アフリカ各国は、融資の契約内容を慎重に検討し、統治権を手放さないようにすることが大事だ」と述べた。

米国はアフリカの最大の援助国だが、貿易相手国の規模としては中国が20099年に米国を抜いて首位に立った。中国はまた、何十億ドルもの資金をアフリカのインフラ 計画につぎ込んでいる。ただ自国の企業や労働力を活用しているため、こうした計画の現地への効果は弱いとの批判の声が上がっている。(ロイター)

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



上限なしキャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

口座開設キャッシュバックキャンペーン