野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

「投機筋はどこにいるのか」

「投機筋はどこにいるのか」

*なんでこんなことを書いたのかと言えば、いるかいないかわからない投機筋(一般的に言われる投機筋の数字の10%程度しかいないだろう)より歴史的にもみても相場変動の要因となっているわかりやすい貿易需給をもっと重視するほうがいいと考えたからである。
投機筋はわかりにくいし正体不明だ。 何故ならば投機筋はいないからだ。
 
 相場変動が理解出来なくなると、必ず出てくるのが、「投機筋、ヘッジファンド、チャート、利食い、損切りのせいだ」等の言葉である。あれだけ熱心に理論的に予測解説していたのに、簡単に上記の言葉に屈してしまう。せっかくそれなりに考えた相場観も変えてしまう。もう少し自分を大切にして欲しい。

BISの統計で世界の1日為替の出来高は1兆2千億ドルでわずかな2%程度の1日210億ドルの貿易取引を追っていてもわからないと言う。BISへ報告する日銀の統計では日本の4月の1日の平均為替取引高は1989億ドルと言う。日本の1日の貿易取引は39億ドルなのでこれも世界と同様2%程度であり、やはり残りの98%投機筋の動きはわからない、相場はやはりわからないでチャートに走ったり、占いのような相場予想に走ったりしてさらに問題をわかりにくく、あたりにくくする。そして冒頭の「○○」のせいだになる。特に日本人は舶来信仰があり、ヘッジファンドのような言葉を使えば、内容はわからず「はっはあ」と最敬礼、土下座をして相場観を変えてしまう。今もそのような状況だ。

しかし相場を動かしているのは投機筋ではなく、円相場は日本人であり、あるいは日本の金融商品を売買する外国人であり、国際収支やそれに関連する統計に表れている。

1日1989億ドルのうち対顧客取引は217億ドルで、インターバンクスポットは313億ドルであり、合計530億ドル、26%を締める、残り74%、1459億ドルはスワップ取引で為替相場変動には関係がない。

****
ではインターバンクスポット313億ドルは顧客217億ドルのカバーであり、差額96億ドルが銀行中心の投機であると誤解するかもしれないが、顧客の取引をカバーするにあたり数行がつなぎ、つなぎでカバーするので、例えば輸出5百万ドルをカバーするにも1回で終わらずつなぎの銀行がまたつなぎの銀行でカバーすると2重3重計上となり、取引高が水増しされる。また銀行が投機のオーバーナイトで持つポジションは市場規模から見ると無視していいくらい小さい。

 従って、対顧客217億ドルが相場を動かす原点でありそこへ投機筋がどれだけ入っているかだ。やや乱暴だが全体出来高と貿易取引の割合は 世界、日本とも同率なので、まずは日本の顧客取引の中味を見れば良い。ヘッジファンドも邦銀で取引をする。ただ1回の取引額が大きくても平均すれば小さく、また1日でポジションを閉じるのも多いのが彼らの取引である。長期でポジションを取る場合は商品がからみ対内対外債券取引に計上され捕捉できる。

***

ではまたややラフに217億ドルの中味を検証する。
為替に絡むと見られる取引を4月の国際収支表から取り上げると

貿易 39 直投 2 外人債券 2
サービス 9 外人株 101 邦人債券 21
所得 5 邦人株 13 介入 0

(注 外人の日本債券買い、邦人の外債買いはそれぞれ対内対外証券投資状況表の10、20%を為替に絡むものとして計上した。)

合計192億ドルでほぼ217億ドルを賄ってしまう。ラフな計算だが投機筋の入り込む余地は小さく、やはり日本か日本絡みの取引が相場を支配しそれを追えばほぼ需給が予測できる。
冒頭の「○○」のせいで自分の相場観が外れたのではなく需給を正しく追っていないせいだろう。相場を動かすのは実需や長期の資本取引である。その動きを察知して早めに動くのが良い投機筋であるが金額は前者と較べれば極めて小さくトレンドは作れない。


P.S.

投機筋があまりいないということの一番簡単な検証は銀行のディーリングルームを見学することだ。そこで飛び交う玉に投機筋の名前を見出すのは難しい。私は一度ヘッジファンドを主要顧客とする外銀に在籍したことがあったが、そこでも毎日ヘッジファンドが取引しているのではなく、時たま何か大きなトピックが出た時にわっとやるだけで通常は貿易や日本の長期資本為替のほうが多かった。ただ現在は邦銀や外銀でも「守秘義務」がうるさくて外部の人間はディーリングルームを見学させてくれないかもしれない。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン