野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

プログラムの終了を計画し始めるべき

メルシュECB専務理事=景気回復によって必要性がなくなるため資産買い入れプログラムの終了を計画し始めるべき
プログラムを急に終了すれば市場の過剰反応を招く。プログラムが長期化すればするほど、リスクも大きくなることを忘れてはいけない

 ロイター

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン