野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

「怒りの日 発言集 ローマ法王ら」

「怒りの日 発言集 ローマ法王ら」

*ローマ法王=エルサレムはユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒にとって神聖な場所であり、「平和のための特別な使命」を帯びていると強調

*トルコ大統領府の報道官=米国のエルサレムの首都承認は「レッドライン(越えてはならない一線)」

*フランスのマクロン大統領=遺憾で受け入れられず、国際法や国連安全保障理事会の決議に違反する決断だ

*グテーレス国連事務総長=いかなる一方的な措置も中東和平の見通しを危うくする


*パレスチナ側=6日から3日間を「怒りの日」として抗議行動を呼びかけ、パレスチナ暫定自治区では6日、少なくとも5か所でデモが行われ、人々がトランプ大統領の決定に怒りの声を上げた。

*ティラーソン米国務長官=トランプ大統領の演説を受けて声明を発表し、「国務省は判断を実現するための手続きを直ちに始める」として、エルサレムへのアメリカ大使館の移転を速やかに実行に移す考えを示した。一方で、ティラーソン長官は「国民の安全が最優先だ。影響がある地域では、国民を守る強固な対策を取っている」と強調して、抗議行動の広がりに備え、警戒や対策を強化していることを明らかにした。

*トランプ大統領=中東のエルサレムについてイスラエルの首都と認める時が来た。これは現実を認めることで、正しいことだ。新たなアプローチの始まりだ

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン