野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

本日は「バモス メヒコ」(MXペソ リポート)アップ致します

「メキシコペソは10月の安値近辺で推移  NAFTAと大統領選挙」

(ポイント)

*NAFTA再交渉が焦点
*2018年には大統領選挙がある
*中銀はCPI低下を予想するも、まだ沈静化せず
*CPIは6%台で高止まりしているが中銀の目標は3%
*次回政策金利は0.25%引き上げ予想
*11月自動車輸出好調
*11月消費者信頼感指数改善
*グアハルド経済相は 米国製自動車部品の使用割合引き上げに反対
*9月小売売上は悪化
*NAFTA撤廃はメキシコ格付けでの格下げ要因となろう
*メキシコは為替操作防止条項をNAFTAに取り入れることを容認する
*トヨタはメキシコでの工場建設計画を縮小し米国へ移す
*米国がNAFTAから離脱した場合の準備を政府・中銀が行っている
*IMFの今年の成長見通しは2.1%、来年は1.9%
*3Q・GDPは2Qの1.9%増から1.6%増へ減速
*3Q・GDPはハリケーンや地震の影響を受けた
*中銀の介入がペソを支えている
*ペメックスが新油田を発見 IEAに加盟
*2018年大統領選挙に86人が立候補
*地震多発国であり9月19日にも大地震があった

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



無料クーポン毎月プレゼントキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン