野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

発言おさらい、英中銀、清算金、パウエル次期FRB議長、トランプ大統領 VS 民主党 カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁 OPEC

「発言おさらい、英中銀、清算金、パウエル次期FRB議長、トランプ大統領 VS 民主党 カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁 OPEC」

*ハンソン・エストニア中銀総裁=ユーロ圏経済が予想通りの展開となった場合、ECBによる資産買い入れ策は来年9月以降に終了する可能性がある

*英中銀の国内銀行のストレステスト(健全性 審査)=各行が融資を減らしたり国による救済を受けなくても「混乱に満ちた」ブレグジットに耐え得る、2014年に健全性審査を開始して以来初めて、国内の主要銀行が資本増強を必要としない

*英紙デイリー・テレグラフ=ブレグジットに伴い支払う清算金を巡り大筋合意したと、

*パウエル次期FRB議長=12月に利上げに踏み切る公算が大きい、金融規制については、これまでの規制強化の流れを見直す時期が来ている

*米民主党のシューマー上院院内総務とペロシ下院院内総務=トランプ大統領との会合を取り止め

*トランプ大統領=民主党は不法移民の流入を抑制しないことを望み、犯罪に眼をつぶり、大幅増税を目指している。合意にこぎ着けるとは思えない

*カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁=目標の2%に向けて上昇している兆候が見られるまで利上げに反対する

*OPECなど合同部会=世界的な減産合意を2018年末まで延長することを推奨。ただ年央の6月に見直すとしている。現在の減産合意の期限は2018年3月。30日に開く総会で延長を巡り討議する。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



通貨ペア別キャッシュバックキャンペーン

食べて美味しい保存食キャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン