野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

地銀が規制に手足を縛られ、日銀に首を絞められている

ブルームバーグ  https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-09-12/OVWKNJ6TTDS001
・地銀が金融庁規制で外債回避も、消去法で代替資産選好-独自調査

「規制に手足を縛られ、日銀に首を絞められている」と専門家

国債保有残高は半年前から10%減、運用スタンスが多様化

国内の超低金利環境に加えて金融庁の外債保有への警戒姿勢が追い打ちとなり、地銀の運用難に拍車がかかっている。ブルームバーグの調査によると、収益確保に魅力ある商品として株や債券に取って代わる代替資産(オルタナティブ)投資を挙げた地銀が5行と、外債の3行を上回った。消去法的に商品を選んでいる銀行もあり、専門家からは地銀の窮状を指摘する声も上がっている。

  調査は8月に実施し、今後の運用方針について聞いた。今年度後半の円債投資環境について、回答を寄せた11行のうち7行が「厳しくなる」、4行が「変わらない」と回答。保有債券の平均残存期間は8行が「現状維持」、3行が「短期化したい」とした。

  

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

G-1 BATTLE

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン