FXブログ 朝日ニュースター「頂上決戦」


第42回 今、欧州通貨がなぜ熱い!

放 送  10/7(土)17:00~17:55
再放送 10
/8(日)07:00~07:55

テーマ
「今、欧州通貨がなぜ熱い!」


<内容>
今年に入って各国の中央銀行が外貨準備高に占める通貨の割合に変化が起こった。 国際通貨基金(IMF)の集計によると、3月末の外貨準備金のうち、円建て資産が約976億ドル。 この中で米ドル(66.3%)、ユーロ(24.8%)、英ポンド(4%)、円(3.4%)となり、前回まで3位円だったのが英ポンドに抜かれた形だ。 また、ユーロが非常に注目されている。ユーロドル、ユーロ円ともユーロ高に推移し第2の基軸通貨として機能している。 今後の欧州全体の経済やユーロや英ポンド、スイスフランなど人気の欧州通貨について、討論する。

パネリスト紹介

同志社大学大学院教授
浜 矩子
(はま のりこ)
《略歴》1952年生まれ。1975年、三菱総合研究所入社。ロンドン駐在員事務所所長、同研究所の主席研究員を経て、2002年秋より同志社大学大学院教授、三菱総合研究所客員研究員として活躍。 国内はもちろん海外のメディアにも登場し、辛口の分析力と広範な視野で経済トピックスを斬る。その姿勢に巷の支持多し。著書は『分裂する欧州経済』(日本経済新聞社刊)ほか。
通貨・国際投資アナリスト
小口 幸伸
(おぐち ゆきのぶ)
《略歴》1950年群馬県生まれ。横浜国立大学経済学部卒業後、1974年シティーバンクに入行。同行の為替資金部、為替債券チーフディーラーを経て、1985年英ミッドランド銀行にて為替資金本部長を務める。1992年ナショナルウエストミンスター銀行へ移籍し、国際金融本部長を経て、2001年独立。現在は国際金融アナリスト、投資コンサルタントとして活躍。
第一生命経済研究所 主席エコノミスト
嶌峰 義清
(しまみね よしきよ)
《略歴》青山学院大学経済学部卒。90年岡三証券入社。岡三経済研究所を経て、92年日本総合研究所入社。この間、エコノミストとして各国経済を担当。93年より日本経済研究センターへ1年間出向。94年以降、日本総合研究所へ戻った後は、米国経済・金融市場動向を担当。98年5月より現職。米国経済担当を経て、現在は金融市場全般、及び日本経済担当のチーフ・エコノミスト。

icon プレゼント
書籍 「外貨投資をやさしく教えてくれる本」 あさ出版(今井 雅人著)10名様
※応募方法は番組内で紹介します。

2006年10月 3日(火)15:17

外為どっとコムからのご案内

外為どっとコムTwitter