FXブログ 朝日ニュースター「頂上決戦」


第37回 金融量的緩和策の終演

放 送  5/6(土)17:00~18:00
再放送 5/7(日)7:00~8:00


テーマ
金融量的緩和策の終演 「明日からの金融事情」


<テーマ>
長らく続いた量的緩和策も、景気の回復と共に解除され、すでに長期金利が上昇をはじめている。

私達一般市民にとって、直接関わりが深い金利だが、預貯金の利率は据え置きで、住宅ローン等の長期金利が見直されはじめた。
今年中には0金利政策も終わると言われ、日銀金融政策決定会合に注目が集まる。

今後の金利政策はどうなっていくのだろうか?
回復を見せる日本企業の設備投資への影響は?
また、私達の生活にどのような影響があるのか?

パネリスト紹介

メリルリンチ日本証券株式会社
調査部チーフ債券ストラテジスト
熊谷 亮丸
(まがいみつまる)
《略歴》1989年東京大学卒、日本興業銀行入行。93年に東京大学で修士号取得。調査部を経て、2000年3月からみずほ証券エクイティ調査部シニアエコノミストとして活躍、現在メリルリンチ日本証券チーフ債券ストラテジスト。2002年より財務省「関税・外国為替審議会」専門委員。2001年~2004年にかけて、日本経済新聞社主催「人気アナリストランキング」為替アナリスト部門にて4年連続1位。2003年~2004年には「エコノミスト誌」主催「アナリスト・エコノミストランキング」為替アナリスト部門にて2年連続で1位を獲得する。
経済評論家
荻原 博子 (おぎわらひろこ)
《略歴》1954年、長野県生まれ。経済事務所勤務後、1982年にフリーのジャーナリストとして独立し、難しい経済と複雑なお金の仕組みをわかりやすく解説。地価下落、マンション価格の下落を早くから予測。掛け捨て生命保険の活用を提唱。投資よりもローンの返済が必要と説くなど、時代の一歩先を行く分析力に定評あり。著書に「生命保険の原価」(ダイヤモンド社)、「職人を泣かせて建てた300年住める家」(角川書店)、「あなたのローンをゼロにする本」(ダイヤモンド社)、「あなたのお金防衛術」(小学館)。
マネージャパン編集長
有山 典子 (ありやまみちこ)
《略歴》マネー誌「マネージャパン」編集長。野村総合研究所勤務後、2年の専業主婦生活を経てビジネス系出版社に再就職。88年より「マネージャパン」で株式記事を担当。マネー入門誌「マネープラス」編集長を経て2003年5月より現職。

icon プレゼント
外為どっとコムオリジナルボールペン10名様
※応募方法は番組内で紹介します。

2006年4月26日(水)17:27

外為どっとコムからのご案内

外為どっとコムTwitter