松本鉄郎のポイント・アンド・フィギュアによる実戦相場予測|FXブログ|外為どっとコム

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS: 1米ドル=125円域)、短期上昇トレンド(DP=105円00銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方119円00銭域、下方115円00銭域、目標値各々124円50銭域、108円00銭域変わらず。

 米ドル/円

 

2015年2月6日(金)

 

USDJPY Shortterm 150206.gif

 

『相場の森fuji』: 98年8月の1ドル=147円域(円が変動相場制移行後最高値をつけた95年4月以降の米ドル/円の最高値)を起点とする中長期下降トレンドを形成。この中長期下降トレンドのデインジャー・ポイント・ショートbombは125円域となりますす。即ち、125円域を上方に突破しない限りこの中長期下降トレンドは壊れません。

 

 

『相場の木xmas』: 中長期下降トレンドの中で、05年1月の101円域を起点とする短期上昇トレンドはそのDP=113円50銭を下方に突破したことにより短期下降トレンドに転換。短期下降トレンドのDPSは10年8月6日、95円00銭に引下げ95円00銭域を2013年3月8日上方に突破し、短期上昇トレンドに転換。DPは90円50銭から更に92円50銭域に引上げ。更に2013年12月19日93円50銭域に引上げ。更に10月9日100円00銭域に引上げ。現在のDPは105円00銭域。

 



バランスの上方へのブレークアウト・ポイント110円00銭域を10月31日突破しての上値目標117円00銭域に対して11月28日118円50銭域まで上昇してmore-than-reached状態まで到達。

その後、想定通り目標値近辺での値固めを開始、
バランスの上方へのブレークアウト・ポイント119円50銭域を12月19日突破しての上値目標126円50銭域に対して14年12月23日120円50銭域まで上昇後、15年1月6日三枠転換により消滅しました。

下方へのブレークアウト・ポイント116円00銭域を1月15日突破しての下値目標112円00銭域は1月16日3枠転換により消滅しました。

現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方119円00銭域、下方115円00銭域、目標値各々124円50銭域、108円00銭域は変わりません。

 

 

コメント一覧

コメント3件

突然のコメントで失礼いたします。「勝者のChart」を読ませていただいて以来、以前の損失がうそのように、トントンとなり、そして少しづつ収益をあげることができるようになっています。感謝申し上げます。逐一レートなどをチェックできない一般投資家でも可能な手法を惜しげもなく公開いただいており驚くばかりです。またこのような書籍が1500円でしかも誰でも手にいれられるということにさらなる驚きを感じています。
 すこし教えていただきたいことがあります。現在のドル円相場は保ちあいの状況で、それを上方に抜けた場合や、下方に抜けた場合の目標値なのですが、
「勝者のChart」からいうと現在保ちあいは9列なので上方に抜けると、9×3=27枠であり、目標値は119円のところから27枠で、132円域になるのではないかと考えます。50%の上昇から利益確定していくと考えても125円枠です。
124.50円枠という目標の出し方についてすこし教えていただけたらと思っています。
 またこのサイトにあるP&Fの図を拡大してみてみると2014年⒓月以降のドル円のP&Fの○×がすこし違っているように思うのですが(9列は同じです)。
 ご多忙のところ恐縮ですが、可能でしたらコメントいただけると幸いです。
 よろしくお願いします。

投稿者:シュウジ | 2015年2月 8日  21:57

コメント失礼いたします。
本を何度も読ませていただき(いま3週目です)ただいま勉強中でございます。

個人的に使用しているチャートだと、7日朝の終値は119円を若干越えて終わりました。
上方119円00銭域にブレークアウト!と喜んでLしたのですが、ブログを拝見させていただくと終値が119円に達してはおらずまだブレークアウトではないという認識でよいのでしょうか?

どこかに掲載ございましたらすみません、終値は基本的にどこを参照されているのでしょうか。なるべくあわせたいです。

また、このように若干の差で上抜けしたしないが分かれた場合、
基本的にいずれは上抜けという認識でよいのでしょうか・・・?

投稿者:ぬま | 2015年2月10日  12:12

シュウジさん

コメント及びご質問有難うございます。
回答が遅くなりすみません。

ご質問の時点でのUSD/JPYの上値目標の計算方法ですが、保合いの水平の行数は確かに9行ありますが、既に一度上方にブレークアウトした後、目標値に達することなく再びconsolidationしており、そのような場合同じ方向にブレークアウトした場合は、直近のブレークアウトの次に行からしか数えません。(エネルギーは一旦費消したと捉えます)

従って、計算式は

118円50銭+4行x50銭x3=124円50銭

となります。

ぬまさん

コメント及びご質問有難うございます。

回答が遅くなりすみません。
為替につきましては大和証券のデータを参照させて頂いております。

松本鉄郎

投稿者:松本 鉄郎 | 2015年2月18日  17:00

株式会社日本産業推進機構顧問/株式会社ディストリクト顧問
松本 鉄郎(まつもと・てつろう)氏

東京銀行、Citigroupを通じトレーディングや資産運用業務に従事。その実戦での対象は外国為替、国内外株式、国内外債券、短期金融商品、商品、ヘッジファンド、不動産、プライベートエクィティ等極めて広範囲に及ぶ。
『ポイント&フィギュアによる実戦相場予測』を講演会やメディアを通じ広める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 


業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン