FXブログ まりなのトレンド・ワールド


野菜の日

 

080829_1927.jpg

 

 

8月31日。

831。

8(や)3(さ)1(い)。



・・そう!

野菜の日なんです。原理的には毎月29日(肉の日)のような

ものですが。笑

 


にしても最近、ますます野菜が注目されていますね。しかも、

国産の野菜が。



一説によると、3年前に比べて
・6割超の人が国産の食料品購入を
以前よりも増やしている
そうで、
さらには
・9割近くの外食産業の人が使用する野菜を国産のものにする

ことを心がけているのだとか。




一方で、同時に消費が減り始めているものが「冷凍食品」。な

んと5割近くの人が購入を減らしているそう。




これは、中国製餃子中毒事件を始めとする食品偽装問題も影響

しているのでしょう。社会に与える影響もかなり大きなものだ

ったのですね。




”少しくらい手間がかかってもいいから、安心で安全な食事を

口に入れたい!”という感じでしょうか。

たしかに、私自身も以前と比べて自炊率が高くなった気がします。




スーパーに買い出しをする場合も、無意識に、国産・無農薬野

菜に惹かれております。




そんな中、気になることもあります。

ずばり、原油や鉱物資源の価格高騰により、資材費(燃料・肥

料・農薬)が大幅に膨らんでいるという現状です。



なんでも、経営面積の拡大などで農業収入自体は増えたものの

、それ以上に資材費の伸びが上回り、農業所得が微増にとどま

っているとか。




ちなみに、資材料がどれくらい増えたのかというと、前年に比

べてコメ農家では6%増で、畑作農家は5.5%増。




このままでは需要と供給のバランスが崩れてしまうだろうし、

万一、国産野菜の単価が高くなったら、それはそれで消費者の

意識も変わってきてしまうでしょう。



もっとも、輸入野菜に関しても、輸入するプロセス段階でかか

る燃料代が高くなっていること・そして輸入量が減ることによ

る単価への値段上乗せにより、以前と比べて手に入りにくくな

ってしまうかもしれません。




景気の先行き不安により、私たち消費者の財布の紐が固くなり

つつある今、「野菜の今後」にも注目していきたいと感じます



さぁ、明日は8・3・1の日。


たまには家族で、野菜について語ってみてはいかが♪?

 

 

2008年9月 1日(月)17:51

外為どっとコムからのご案内

外為どっとコムTwitter