FXブログ 為替物語


トレンドは。

 おはようございます。22日のニューヨーク市場では米株安のために若干煮え切らない感じはあるものの、円安・ドル安のトレンドはおおむね続きました。ユーロ・ドルはついに1ユーロ=1.60ドル台に到達。欧州中銀高官の発言など「後講釈」の域ではございますが、とりあえず攻めてやれということだったのでしょう。

 経済指標やカナダ利下げへの反応は今ひとつの印象がこれあり。また、ドル・円はどちらかに引き寄せられる材料がないせいか1ドル=102—103円台で方向感が定まらない状況になっています。

 本日はテーマ性で勝負するのか持ち高の偏りに応じた動意(反動や調整含み)になるのか見えづらい面はありますが、来週の米金融政策イベントを前にそろそろテンションが下がり始めてもおかしくはない。果たしてどうなるか。

 引き続きよろしくお願い申し上げます。

2008年4月23日(水)05:17

外為どっとコムからのご案内

外為どっとコムTwitter