FXブログ 為替物語


それにしても。

 日本時間8日午前の外国為替市場ではユーロへのドカン買いをきっかけに地合いが変わりました。ユーロ・円は一時1ユーロ=161円台後半と3カ月ぶりの高値圏になりますかね。日本勢の動きについてはリポート類で一部取り上げさせていただくとして、欧米投機筋がなぜここでドカンと来たかについては諸説あります。

 たぶん、全部思惑先行か解釈の誤りです。

 ①ポールソン米財務長官が住宅市場への政府介入をしないと発言したとの報道を「米国はドル買い介入をしない」と間違って受け取った。

 ②米金融当局の前トップが信用危機に対して大げさな表現をしたことにびびった。

 連中、「これじゃ週末の7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議は多くを期待できないな」などと言ってますから、おそらく①の勘違い説が有力です。

 まったくねぇ。

※介入のところが当初、「ドル売り介入」になっておりました。失礼いたしました。

2008年4月 8日(火)11:54

外為どっとコムからのご案内

外為どっとコムTwitter