FXブログ 為替物語


いろいろな思惑。

 今週はあすが祝日で週次展望などをお休みにするため、こちらで断片的に記述しておきます。

 米経済指標や金融機関の決算発表は非常に豊富。ドタドタとやることになるのでしょうが、要は米景気がどの程度減速、あるいは後退のベクトルを強めるのか、利下げでどの程度あるいはいつ立ち直りを期待できるのか、スタグフレーション(インフレ+不況)のリスクはないのかといった論点とともに、「米国への投資資金の流れはどう変容するのか」を見定めていくことだと思います。

 米国に金が流れなければドル安、流れればドル高、あるいはドルは下がらない。ドル安の場合でもリスク収縮を伴えば経常収支が黒字構造の円やスイスフランのほうに軍配が上がるし、そうでなければ米経済と非連動性が意識される新興国(特に中東産油国)の通貨や景気格差があるとされる欧州、オセアニア勢浮上の芽が出てくる。まぁ、状況次第ですが。

 こういう状況下ですとどうしても米金融機関の決算を見定めたい、とのトーンで語るケースが生じますけれども、為替は株式相場とは異なり本来、個別企業の動向に左右される取引ではありません。材料になるとすれば米金融機関全体、あるいはシステムに引き付けて大局的に検討する必要がありそうです。

 また、このところ日本の景気にも先行き不透明感があるせいか「日本の不況が織り込まれるにつれて円安になる」との論調もあるようですが、これも一呼吸要ります。

 ポイントは「いったい誰が円を売るのか」。短期スタンスの投機筋が売った、というならすぐ反転しますから意味がないわけです。

 外国人の日本株売りで、といっても外国人はこれまで為替リスクをとって円を買ってきた割合はそれほど高くない(金利相場が続いて円買いに妙味がなかったため)ので影響は続きづらいほか、不況になれば日本の投資家も外貨運用どころではないでしょう。一方で日本の対外債権は世界で最大規模を維持している。

 それらが日本の景気失速とともにいったん「やーめた」となれば円の急伸もありえるわけです。皮肉めいてますが、そこで初めて日本経済の底力が出るという・・・。 

 不況=低金利=円売り論はあくまでリスクマネーが流れている状況下のそこそこ不況というレベルあたりまででないと、成立しづらいという点を念頭に置くべきでしょう。

 ヨタ話でした。

 

2008年1月13日(日)14:19

外為どっとコムからのご案内

外為どっとコムTwitter