副業禁止でもFXはできる?FXを始めるメリット・デメリット、始め方を5つの手順で解説

FXは、通貨を交換して利益を得る投資です。少額から取引を始められることや24時間取引できるなどのメリットがあり、その取り組みやすさから多くの方が取引を行っています。

最近では副業への関心の高まりもあり、副業としてFXをしたいと考える方や、FXで副収入を得たいと考える方も増えているようです。

本記事では「FXは副業なのか」ということや、副収入を得る手段としてFXを始めることのメリット・デメリット、注意点などについて解説します。

FXでは、FX会社の口座開設を行わなければ取引を始めることは出来ません。以下より外為どっとコムの口座開設が行えるので、先に口座開設を済ませておくと良いでしょう。

外為どっとコムの口座開設はこちら

外為どっとコムの口座開設のやり方については、以下の記事を参考にしてください。

FXの口座開設のやり方 必要書類や審査基準、おすすめのFX会社を解説

FXは副業なのか?

副業とは、会社員などのメインの仕事(本業)がある人が、それとは別の収入源を持つために行う仕事のことです。例えば平日はサラリーマンとして働き、週末はアルバイトをしているという人の場合、アルバイトは副業と言えます。FXは資産運用の一つであり、働いて対価を受け取るわけではありません。そのため、FXは典型的な副業とは異なると言えそうです。

FXを副収入として始めるメリット6つ

呼び方こそ副業とは異なりますが、本業以外の収入、すなわち副収入を得るための手段としてFX取引を行う人はいます。ここでは副収入を得る手段としてFXを始めることのメリットを紹介します。

24時間取引できるから忙しい方でも取り組みやすい

FXは取引時間の自由度が高く、原則として平日および祝日(元日は除く)のほぼ24時間取引が可能です(土日、メンテナンス時間を除く)。

そのため、仕事から帰宅した後の夜間や出勤前の早い時間帯に取引することも可能で、日中は忙しくて取引できないというサラリーマンの方でも取り組みやすいと言えます。

FXの取引時間帯

FXの取引時間について詳しくはこちら

FXがこれだけ日本に浸透したのも、日本のサラリーマンが自宅で過ごす21:00〜25:00の間が最も為替相場が動きやすい時間帯であるためでした。日本人の働き方とFXは相性がいいと言えます。

少額から取引できるから資金がない人でも始めやすい

FX取引を始めるのに必要な資金の額は、各社が定める最小取引単位や取引する通貨ペアの基準レートによって変わります。

下記は外為どっとコム『外貨ネクストネオ』における必要保証金額の一例です。

【外貨ネクストネオ 1Lotあたりの必要保証金額】

通貨ペア 必要保証金額
米ドル/円 5,000円
ユーロ/円 5,500円
豪ドル/円 3,800円

※2022年4月7日時点、個人の場合

必要保証金額について詳しくはこちら

このようにFXは数千円から取引できる会社もあるため、大きな資金がない人でも始めやすいです。

※余裕のある資金かつ低レバレッジからの取引を推奨いたします。はじめての方にとっての余裕のある資金/低レバレッジの例についてはこちら

政治や経済などに興味を持つようになりスキルアップにつながる

FXの相場は政治や経済に関する出来事を受けて変動します。相手は世界経済です。そのためFX取引を行っていると、自然と国際情勢が為替にどう影響を与えるか考える方が多いようです。

またFXを通して政治や経済に詳しくなると、仕事などFX以外の場面でも役立つことがあり、スキルアップにつながる可能性もあります。

収入の柱が増える

例えばサラリーマンの方が本業以外の収入を得たいと思った場合、他の仕事をするというのは時間や労力などの面で難しいことが多いかもしれません。

しかしFXならば少額から始められ、サラリーマンの方でも自由な時間で取引しやすく、本業とは別の収入源として成立しやすいです。FXは少額から気軽に始められるため、本業で忙しい方が副収入を得る手段として相性がいい選択肢と言えます。ただし、損失が出るリスクもある点には十分注意が必要です

将来の起業や転職などに向けて準備できる

将来起業や転職などを考えている人にとっては、自身のスキルアップや資金の準備が必要です。前述のようにFXには「政治や経済に詳しくなる」「収入の柱が増える」といったメリットがあるため、スキルアップと資金の準備という起業や転職に必要な準備を兼ねられます。

副業禁止の企業でもできる可能性がある

FXで副収入を得ることは資産運用の一種であり、他社で働いたりアルバイトをしたりする副業とは異なるものです。そのため勤務先の会社が副業を禁止していても問題なく行える可能性が高いです。

ただし会社のルール次第では問題になる可能性もあるので、事前に確認しましょう。また後述するように、相場が気になって仕事がおろそかになってしまうようなことがないように注意しましょう。

FXを副収入として始めるデメリット3つ

副収入を得る手段としてFXに取り組むことにはデメリットもあります。主なデメリットを紹介するので確認しておきましょう。

損失を出す可能性がある

基本的に働けば働いた分だけ報酬が得られる労働収入とは異なり、FXでは損失が出る可能性もあります。

特に大きなレバレッジをかけて取引した場合、大きな利益を得られる可能性があるというメリットの反面、大きな損失を出すリスクも増大します。

最初は低レバレッジから取引を始め、損切り(損失を出しているポジションを決済する行為)の水準を決めておくなど、大きな損失を出さないように注意する必要があります。

損切りのやり方についてはこちら

簡単に利益を得ることは出来ない

FXには取引時間の自由度の高さやスマホでいつでもどこでも取引できるといったメリットがあり、初心者でも始めやすい投資として人気ですが、簡単に利益を出せるわけではありません。

FXで利益を出していくためには、レバレッジや損切りなど取引に関する最低限の知識を学ぶことや、マーケットの最新ニュースを押さえておくことが必要です。FXは気軽に始められるものの、利益を出すことは簡単ではないと理解しておきましょう。ただし、これはどの投資商品に対しても言えることです。

チャートが気になり仕事に集中できない可能性がある

FXを始めると、チャートが気になって他のことに集中できなくなってしまうというパターンがあります。

副収入で生活を向上させるためにFXを始めても、仕事など普段の生活に支障が出てしまっては本末転倒です。

チャートを見すぎてしまうのを防ぐためには、「チャートを見るのは朝昼夜の3回」など、自分なりのルールを決めるとよいでしょう。また取引タイミングはいくらでもあるので、自分がFX相場に触れる時間帯を決めてしまうのも問題ございません。

使っている取引ツールに通知機能がある場合は、一定以上の値動きがあったときなど希望のタイミングで通知が来るようにして、それ以外はチャートを見ないというのも効果的です。

外為どっとコムが提供するスマホアプリ『外貨ネクストネオ「GFX」』では、プッシュ通知機能が搭載されおり、例えば、以下のような内容をプッシュ通知でお知らせしてくれます。

  • ・指定したレートに到達したことを通知する「プライス通知」
  • ・指定した値幅を超えた際に通知する「ボラティリティ通知」
  • ・注目したい指標を設定しておくと発表前に通知する「経済指標通知」
損益通算

その他にも『外貨ネクストネオ「GFX」』では、優れた操作性や豊富なチャート分析機能などを豊富に活用でき、最近の調査で操作性、機能、利用意向の3点で「FX経験者が選ぶスマホアプリNo.1」に選ばれました※2。スマホで手軽に取引を行いたいと考えている方は、外為どっとコムの口座開設を行い活用してください。

外為どっとコムの口座開設はこちら

外為どっとコムのスマホアプリはNo.1

FXを副収入として始める手順5つ

FXで副収入を得るためには、まずはFX口座を開設する必要があります。その後、資金を入金して注文を行い、うまくいけば利益を得ることができます。口座を開設して注文・決済を行うまでの手順は次の通りです。

手順1:FX会社を選ぶ

まずは利用するFX会社を選びます。各社によってスプレッド(取引時に発生するコストのようなもの)や最小取引単位、取引ツール、キャンペーンなど様々な違いがあります。初心者のFX会社選びで特に重視するとよいポイントは次の3点です。

  • ・少額から取引可能か
  • ・FXの入門コンテンツや情報コンテンツが豊富か
  • ・デモトレードが利用可能か

これらのポイントに注目しながら、利用するFX会社を決めましょう。

手順2:FX会社の口座開設を行う

利用するFX会社を決めたら、各社の申し込みフォームから口座開設申し込みを行います。各社が定める必要書類を手元に用意して始めましょう。なお、外為どっとコムでは本人確認書類およびマイナンバーがあれば口座開設申し込みが可能です。

外為どっとコムの口座開設はこちら

申し込み後、FX会社での審査が完了すると口座へのログイン情報が郵送やメールで届き、口座にログインできるようになります。

手順3:FX会社の口座に証拠金を入金する

口座にログインし、取引するための資金(証拠金)を入金します。外為どっとコムでは、クイック入金または銀行振込のいずれかの方法で入金が可能です。

入金についてはこちら

手順4:取引をする通貨ペアを選ぶ

FXでは利用するFX会社が取り扱っている通貨ペアの中から、取引するものを決める必要があります。通貨ごとに特徴があるため、確認したうえで取引対象を決めましょう。

FXの通貨ペアとは?選び方や初心者におすすめの通貨ペアを徹底解説

通貨ペアの中には取引の難易度が高く、初心者には不向きなものもあります。どの通貨ペアを選べばよいかわからない場合、まずはプロからも人気で急変動が少ない米ドル/円から取引を始めるのがおすすめです。

手順5:注文を発注して決済を行う

通貨ペアを決めたら、いよいよ取引を行います。FXの取引の流れは「新規注文」「ポジション保有」「決済注文」の3ステップです。

まずは新規注文を出します。今後レートが上がると思ったら買い、下がると思ったら売りの注文を出します。

その後はポジション保有の段階となり、予想通りに相場が動いたら決済注文を出して利益を確定します。相場が予想と反対の方向に動いてしまった場合は、適宜損失を確定させる「損切り」を行いましょう。

FXの相場分析の手法や注文方法には様々なものがあります。少しずつ学んで取引に取り入れていくと、成功確率を高められるでしょう。

FXを副収入として始める際の注意点2つ

副収入を得るためにFXを始める際には、次のようなことに注意が必要です。

勤務先では副業をしてよいのかを確認する

FXは副業とは異なりますが、会社によっては副業と見なされる可能性もあります。後々トラブルになることがないように、FXで副収入を得ることが勤務先で問題にならないか確認しておきましょう。

利益を得たら必ず確定申告を行う

FXで一定の利益を得たら、確定申告が必要です。また利益が出ていなくても、損失の繰り越しができることから確定申告をした方がよい場合もあります。FXを始めるならば、確定申告などFXの税金に関する最低限の知識は身につけておきましょう。

FXの確定申告について

FXを副収入として始めるなら外為どっとコムをご検討ください

外為どっとコムには次のような特徴があり、副収入を得る手段としてこれからFXを始めたい初心者の方にも最適です。

少額から取引を始められる

外為どっとコムの最小取引単位は1,000通貨(ロシアルーブル/円は10,000通貨)となっています。10,000通貨からしか取引できないFX会社もありますが、1,000通貨から取引できる場合はより少額から取引を始めることができます。最小取引単位が1,000通貨であれば、取引に必要な最低限の金額(保証金、証拠金と呼ばれます)が10分の1になります。

FXの1000通貨とは?保証金はいくら必要?10000通貨との違いについても紹介

取引に役立つ豊富なコンテンツを提供

外為どっとコムでは初心者向けに豊富なコンテンツをご用意しています。

FX初心者向けコンテンツが満載

専門家によるFXセミナー、レベルに合わせてFXを基礎から学べる「マネ育FXスクール」、テクニカル分析の活用方法やマーケットの最新情報について解説する公式YouTubeチャンネルなど、幅広いコンテンツで初心者のお取引をサポートします。

デモトレードからも始められる

外為どっとコムでは仮想資金で無料のFX体験ができるデモ口座を用意しています。

外為どっとコムのデモトレード

デモ口座では本番口座と同じ取引画面、本番とほぼ同じレートで取引ができ、実際の資金を使わずにFX取引することができます。

入出金など一部の機能を除いて本番とほぼ同じツールであるため、損失のリスクを気にせずにFXの練習や取引ツールの操作感の確認ができます。デモ口座はメールアドレスの登録のみで、すぐに利用を始められます。

外為どっとコムのデモ口座の開設はこちら

また、スマホアプリ版『外貨ネクストネオ「GFX」』でも、デモトレードを行うことが可能です。スマホアプリからもデモ口座の開設ができます。インストールは、以下より行えます。

アプリのダウンロード

App Store、またはGoogle Playで「外為どっとコム」または「外貨ネクストネオ」で検索!

  • GFX App Store
  • iPhoneをご利用の方
    GFX App Store
  • GFX App Store
  • Androidをご利用の方
    GFX Google Play

20周年記念サイト

20周年記念プレゼント付き!お友達ご紹介キャンペーン

最短当日取引可能!

お申込みの際は「本人確認書類・マイナンバー確認書類」をご用意ください。

新規口座開設で
最大302,000  キャッシュバック