初級編2 〜長期保有でスワップ狙い!長期トレード〜

ちりも積もれば山となる?スワップポイント

スワップポイントシミュレーション

長期トレードとは、数か月から数年の間、ポジションを保有することを言います。もちろん狙いはスワップポイント。1日あたりでは少ないスワップポイントも、ちりも積もれば山となる、で長期間置いておけば侮れない金額になります。また、為替の小さな変動に一喜一憂する必要もありませんから、ゆったり取引したい人におすすめです。

※1万豪ドルのスワップポイント47円/1日として、47(円)×3(万豪ドル)=141円

ただし、為替差益で損失の可能性も…

スワップで利益が出ても、為替変動が不利な方向に動いてしまえば、当然為替差益による損失が出てしまいます。例えば、スワップポイントだけで1000円の利益が出ていても、為替差損が1000円を超えてしまえば、スワップポイントがたまっているとは言っても、結局損失が出ていることになります。もし円安方向に向かえば、スワップポイントと為替差益の両方が手に入ることになり、嬉しい限りですが… このように、長期取引は相場が大きく動いていく可能性があるので、為替差益で損失の可能性もあります。長い目で相場を考えていくことが大切になってきますね。

相場はどうやって予測するの? STEP4 相場の読み方

長期トレードに向いている通貨とは?

以上のことから考えると、長期トレードに向いているのは、豪ドルやニュージーランドドル、南アフリカランドなど、高金利通貨であること。ただし、南アフリカランドなどは、為替相場が動きやすいので要注意です。

STEP2 まずは取引通貨を選ぼう

  • ※実際のお取引におけるスワップポイントは、内外の金利情勢に伴い、日々変動いたします。
  • ※本取引ではお客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行なうため、相場が思惑と反対方向に進んだ場合には、保証金額を上回る損失が発生する可能性がございます。またスワップポイントにつきましても、通貨ペアを構成する両通貨の金利差が逆転した場合には、支払いへと転ずる可能性がございます。

次は、為替が動く時間帯について詳しく解説