セーフティーネクスト詳細

セーフティーネクストの仕組み

平常時の保証金の流れ
 
破綻時の保証金の流れ

「セーフティーネクスト」は、金融商品取引法に基づき、お客様から預託を受けた保証金及びお客様の計算に属する為替損益等に相当する金銭を、当社の固有資産と区分して管理することを目的として信託することで、お客様の資産の保全を図る仕組です。

信託保全の対象は、お客様から預託を受けた保証金、ポジションの損益(スワップポイントを含み、未払手数料を除いた金額)となります。外貨で預託を受けた保証金も信託保全の対象となります。
当社はこれらの金額を上回る額を、常に信託口座の中に維持し、万が一の場合にも、お客様の資産が返還されるよう保全いたします。
また当社がお客様とのお取引にあわせて行うカバー取引は、すべて信託内で行います。

お客様から預託を受けた保証金のうち、毎営業日のNYクローズ時までに当社が入金を確認できた分は、その東京翌営業日に信託設定します。なお、お客様が預託した時から信託設定までの期間も、保証金であることが名義により明らかな預金口座にて区分管理しており、当社の自己資金とは混在しません。

当社は、毎営業日のNYクローズ時点を基準時として、当社システムによりお客様の資産の値洗いを行った上で、信託保全されるべき金額の合計額を受益者代理人(甲)に報告します。受益者代理人(甲)は、毎営業日、信託保全されるべき金額より信託財産の金額が大きいことを確認します。このとき不足額があれば、当社は信託財産へ金銭を追加します。
信託口座からの払出は、受益者代理人(甲)が基準時に信託財産が保全すべき額を下回っていないことを確認した上で行います。

当社に支払停止、破産等の事由が生じた場合には、信託口座のカバー取引を清算し、外貨保証金は円貨換算した上で、諸費用を控除し、お客様へ配分を行う金額を確定させます。その後、お客様の資産に応じて配分額を計算し、受益者代理人を通じてお客様に配分します。お客様が配分を受けた金額についてのお客様の当社に対する保証金等の返還請求権は、消滅します。

※セーフティーネクストはお客様からお預かりした資産を保全するためのものであり、外国為替保証金取引の元本を保証するものではございません。

受益者代理人について

「セーフティーネクスト」では、受益者であるお客様の利益を代表する「受益者代理人」を2名選定します。
当社は、当社の内部管理の統括責任者を受益者代理人(甲)に、公正な判断のできる外部の第三者として、弁護士を受益者代理人(乙)に選定します。
受益者代理人(甲)は日々の保全金額の照合等を、受益者代理人(乙)は、信託銀行に対して受益者の権利行使等をお客様に代わって行います。
お客様はいかなる場合も、直接信託銀行に対して、信託財産からの資産の返還を請求することはできませんが、当社に万が一の事態が生じた場合やお客様の資産保全に重大な懸念が生じたと受益者代理人(乙)が判断した場合には、受益者代理人(乙)を通じて、信託財産の範囲内でお客様の資産の額に応じた額の返還を受けることができます。

注意事項

● 当社は、金融商品取引法に基づき、お客様からお預かりした保証金及びお客様の計算に属する為替損益(お客様からお預かりした保証金に、お客様の計算に属する為替損益、スワップポイント、未払手数料を加減算した金額を、以下「保証金等」といいます。)を、住友信託銀行の外為保証金分別管理信託口座を利用することによって、当社の自己資産と区分して管理いたします。ただし、住友信託銀行は、外為保証金分別管理信託口座を管理しているのみで、お客様に対して保証金等の返還を保証するものではありません。

● 当社は、取引保証金の全額を外為保証金分別管理信託口座に信託し、為替取引について外為保証金分別管理信託口座ですべてのカバーを取ることによって、保証金等を外為保証金分別管理信託口座で分別保管します。そして、毎営業日に当社のシステムにより保証金等の額を値洗いするとともに、保証金等の総額以上の金銭等が外為保証金分別管理信託口座に分別保管されていることを確認して、保証金等の保全を図ります。

● お客様の保証金は、円貨・外貨ともに、毎営業日の午前7時(ただし、米国東部時間が夏時間の場合は午前6時)までに当社が入金を確認できた分について、その東京翌営業日に外為保証金分別管理信託に入金します。この間は外為保証金分別管理信託の保全対象となりませんが、金融庁長官の指定する金融機関において、保証金等であることが名義により明らかな預金口座により分別保管致します。

● お客様は、当社に支払停止、破産等の事由が生じた場合には、建玉の清算後、外為保証金分別管理信託口座で保管された金銭(米ドル、ユーロ等の外貨は円貨に換価されます)について、清算時の保証金等の額に応じて、受益者代理人を通じて配分を受けることができます。この場合、お客様への保証金等の返還は外為保証金分別管理信託口座で保管された金銭から諸費用を控除した額が分配の限度となり、清算時の保証金等の額により按分されます。またドル、ユーロ等の外貨建ての保証金等もすべて円貨に換価されて配分されます。なお、受益者代理人を通じて配分を受けた保証金等相当額についての、お客様の当社に対する保証金等の返還請求権は、消滅します。

● 当社の支払停止、破産等の事由が生じた際に、当社の過失故意や為替相場の短時間での大幅な変動等によりカバー取引を適切に行うことができていなかった場合や、当社のシステム障害等により保証金等の総額を正しく算定できていなかった場合などには、外為保証金分別管理信託口座で分別管理された金銭が、保証金等の総額に不足する場合がありえます。この場合には、お客様の保証金等の一部が返還されないことがあります。

● 当社の破たん時に、金銭の配分を受けるには住友信託銀行による本人確認法に基づく本人確認手続きが必要となります。なお、お客様は住友信託銀行に対して保証金等の返還を直接請求することはできません。

● 当社は、外為保証金分別管理信託口座を利用して分別保管を実施するため、またはお客様に外為保証金分別管理信託口座で分別管理された金銭を配分するために、必要あるときは、お客様の個人情報を受益者代理人および住友信託銀行に提供することがあります。

戻る

PAGETOP

 ※セーフティーネクストはお客様からお預かりした資産を保全するためのものであり、外国為替保証金取引の元本を保証するものではございません。

 ※お客様の保証金は、円貨・外貨ともに、毎営業日の午前7時(ただし、米国東部時間が夏時間の場合は午前6時)までに当社が入金を確認できた分について、その東京翌営業日に外為保証金分別管理信託に入金します。この間は外為保証金分別管理信託の保全対象となりませんが、金融庁長官の指定する金融機関において、保証金等であることが名義により明らかな預金口座により分別保管いたします。

 ※平成19年9月30日の信託法改正に伴い、「信託管理人」を「受益者代理人」と表記変更しておりますが、セーフティネクストのサービス内容に関しましては変更はございません。