「外貨ネクスト」全会員様を対象とした
「外貨ネクストネオ」への口座移動の完了に伴い、
「外貨ネクスト」のサービスは終了しました。

『外貨ネクスト』全会員様を対象とした『外貨ネクストネオ』への口座移動「自動ポジション・資金移動」の完了に伴い、当社では2013年12月21日(土)をもちまして、『外貨ネクスト』における店頭FXサービスを終了いたしました。

フィスコレポート 特長

本サービスは、『外為情報ナビ』及び『外貨ネクスト』取引画面での提供となります。

投資情報提供会社のリーディングカンパニーが提供するレポートを1日2回配信

投資情報提供会社のリーディングカンパニー「株式会社フィスコ」が提供する「フィスコレポート」がご覧になれます

投資情報提供会社のリーディングカンパニー「株式会社フィスコ」が提供する「フィスコレポート」。当レポートは朝刊、夕刊の1日2回配送となっており、朝刊は海外市場概況や経済指標の結果と東京市場オープニングコメント、夕刊は海外市場概況や経済指標の結果と欧米市場オープニングコメントをそれぞれまとめております。
また、朝刊配送から数十分後には、フィスコ社のアナリストによるテクニカル分析レポートもお送りしております。


1日の為替相場動向をコンパクトにまとめております

「フィスコレポート」は朝刊と夕刊の1日2回配送となっております。朝刊、夕刊ともに発行時までの市場概況、経済指標の結果、今後の見通しをそれぞれまとめており、1日の為替相場動向を効率よく把握できるようになっております。


フィスコ社のアナリストによるテクニカル分析もお送りします

朝刊配送から数十分後には、フィスコ社のアナリストによるテクニカル分析レポートもお送りしております。こちらも、ポイントを絞って簡潔に、かつ鋭い解説を提供しております。

※モバイル版の取引画面では、画面の仕様上、こちらのテクニカル分析レポートはご覧になれませんので、ご了承ください。


各通貨ペアの買い材料、売り材料なども一度に把握しやすくなっております

当レポートは各取引ツールいずれでもご覧になれますが、Web版の取引画面に掲載しているレポートの朝刊・夕刊で、ドル円をはじめとする10通貨ペアの買い材料、売り材料が簡潔にまとめられております。それに加え、一目均衡表、酒田五法、MACD、ストキャスティックスで分析したテクニカル分析の結果も掲載しております。

※モバイル版の取引画面では、画面の仕様上、今後の見通しについてのコメントのみ表示させる形式となりますので、ご了承ください。

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。