「外貨ネクスト」全会員様を対象とした
「外貨ネクストネオ」への口座移動の完了に伴い、
「外貨ネクスト」のサービスは終了しました。

『外貨ネクスト』全会員様を対象とした『外貨ネクストネオ』への口座移動「自動ポジション・資金移動」の完了に伴い、当社では2013年12月21日(土)をもちまして、『外貨ネクスト』における店頭FXサービスを終了いたしました。

外貨受渡し 当社の外貨受渡し費用

お届けの外資貯金口座宛てに外貨を出金する際の振込手数料

「外貨ネクスト」取引口座から、事前にお届けいただいたお客様ご名義の預金口座宛てに外貨を出金する場合には、一般と同様に外貨振込手数料が必要となりますが、こちらは原則としてお客様にご負担いただいております。

さて当社では現在、外貨預金口座を「三井住友銀行」に設けておりますため、お客様がお届けの外貨預金口座が「三井住友銀行」のものかどうかによって、ご負担いただく外貨振込手数料にも若干の違いがございます。

1.「三井住友銀行」以外の金融機関にお持ちの外貨預金口座をお届けの場合
三井住友銀行にある当社の外貨預金口座から、他行にある外貨預金口座宛てに外貨を振り込む場合、当社が三井住友銀行に対して支払う外貨振込手数料は、振込1件につき3,500円、またリフティングチャージは2,500円となっております。(合計6,000円)
そこで当社でも、お客様からいただいた外貨出金1件につき、この6,000円を頂戴しております。
2.「三井住友銀行」の本支店にお持ちの外貨預金口座をお届けの場合
三井住友銀行にある当社の外貨預金口座から、同行内の外貨預金口座宛てに外貨を振り込む場合、当社が三井住友銀行に対して支払う外貨振込手数料は、振込1件につき1,500円となっております。
そこでこの場合も他行宛ての場合と同様に、お客様からいただいた外貨出金1件につきこの1,500円を頂戴する、といいたいところですが…

期間限定で実施中!「現受・外貨送金手数料無料キャンペーン」

ただいま当社では「現受・外貨送金手数料無料キャンペーン」と銘打って、「三井住友銀行」本支店にお持ちの外貨預金口座をお届けいただいたお客様が外貨の出金をされる場合に限り、振込元の銀行(三井住友銀行)に対し必要となる外貨振込手数料を特別に期間限定で無料※(当社負担)とするサービスを実施いたしております!

※ 三井住友銀行の外貨預金口座開設の可否につきましては、お手数ではございますが事前に最寄りの三井住友銀行本支店へご確認くださいますようお願い申し上げます。

※1通貨あたり10,000通貨単位に満たない送金の場合の外貨振込手数料はキャンペーンの対象外となります。

外貨預金と「外貨ネクスト」1万ドルあたりの受渡&送金コスト比較

当キャンペーンをふまえた上で、「外貨ネクスト」にて外貨の現受をした際に必要な費用は以下のようになります。
1ドル=110円で1万米ドルの現受を行ったと仮定します。ただし、ここでは銀行のケースと比較しやすいように「スワップポイント」はゼロであったと仮定します。

まず「外貨ネクスト」取引口座内で円貨を外貨に換える際に必要な費用は…

受渡し代金 =(約定レート×通貨の量)+新規売買手数料−スワップポイント
=(110.00円×10,000ドル)+0円−0円
=1,100,000円+0円−0円
=1,100,000円

次に、ここで受けた1万ドルを、お届けの外貨預金口座へ振り込む際の振込手数料ですが…

三井住友銀行」以外の金融機関の口座をお届けの場合
…1件につき3,500円

「三井住友銀行」の本支店の口座をお届けの場合
…1件につき1,500円→キャンペーン期間中は0円

つまり、結果的に必要となるコストとしては…

「三井住友銀行」以外の金融機関の口座をお届けのお客様
(受渡し代金)1,100,000円+(外貨振込手数料)3,500円+(リフティングチャージ)2,500円=1,106,000円

「三井住友銀行」の本支店の口座をお届けのお客様
(受渡し代金)1,100,000円+(外貨振込手数料)0円=1,100,000円

…となります。

※外貨預金口座の金融機関が三井住友銀行以外の場合、「リフティングチャージ(2,500円)」が必要となります。
外貨をお受け取りになる場合に、手数料が必要となり、これを「リフティングチャージ」などといいます。

比較対象として、銀行で外貨を買われた場合に必要となる費用について計算すると以下のようになります。

  • ※仲値:110円
  • ※TTS=111円
  • ※TTS(対顧客電信売相場):銀行のお客様に対する外貨の売値=お客様にとっては銀行からの外貨の買値。仲値に手数料分(大半の銀行が1ドルあたり1円)を上乗せした額。

111.00円(TTS)×10,000ドル=1,110,000円

一方、実勢レートが同じ110円のときに「外貨ネクスト」で必要となる費用は、三井住友銀行の本支店の外貨預金口座をお届けの場合ならば、1,100,000円。つまり、その費用に10,000円もの差が発生することになります。
そして、この差は受渡し額が大きければ大きいほど、ますます開いていきます。

※受渡注文を発注する際、全体保証金率が4%を維持されているのかを確認いたします。もし、全体保証金率が4%を維持されていない場合、発注を受け付けることはできませんのでご注意ください。

現受・外貨送金手数料無料キャンペーン